テーマ:

新春の箱根

1月10日(土)、何年かぶりの箱根に妻と1泊旅。 <大涌谷の延命たまご> いただいた株主優待券で、箱根小涌園ホテルに・・・・ 10時半に自宅を出て、快晴のなか、新東名高速で快適なドライブ。 長泉ICをでれば、伊豆縦貫道に直結し、箱根街道に一直線。 心配した路面凍結もなく、お正月の大学箱ね駅伝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋・奥浜名湖の食&名刹

<方広寺> <細江町気賀の清水屋・・・3代続く老舗。県外ナンバーの客多数> 11月23日、勤労感謝の日に感謝して休んでいるのですが・・・ 22日から、風もなく穏やかな暖かな日が続いてる。 全国各地から紅葉の便りが聞こえている。 しかし、連れ合いは洗濯が趣味。天気がよければ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お手軽、百名山行きと松本城の夕べ

<美ヶ原高原・王ヶ頭(2034m)> <暮れなずむ松本城> 9月6日、土曜日。早朝から娘が1泊旅行に出かけた。 「そういえば、夏は夫婦でどこも行ってないな」「山もご無沙汰だし」 というわけで、車に登山靴とザックを積み込んで、朝8時、信州方面にGO! 予定では、美ヶ原高原に軽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2014年夏・寸又峡山開き!

7月5日(土) 例年通り、南アルプス寸又峡口・山開きの日 当日は、あいにくの雨模様。 今年は、南アルプスユネスコエコパーク登録記念ということもあって、隣接する静岡市など 関係者らが多数集まって開催された。 南アルプスユネスコエコパーク登録というわけで静大の増田特任教授の講義もある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見た!!遠州横須賀 三熊野神社 祭り!

250年余まえから伝えられる”遠州横須賀 三熊野神社祭り” 4月4日から6日まで、独特の祭囃子と山車が繰り広げられる。 享保年間、時の老中、西尾壱岐守忠尚(14代横須賀城主)が、参勤交代の折、江戸在勤中の家臣が、当時江戸で流行していた祭り囃子を習い覚えて横須賀に持ち帰ったのが始まりだという。 三社祭礼囃子・・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おじさん?たちの大阪・修学旅行

職場での異動の季節。 道頓堀にゴー! 閉店間近の時間に全員集合! メールにて、「お別れ親睦会を企画」との若手職員からの案内が・・・。 特に考えないで「参加」の返事を出しておいたら なんと、金曜日、仕事が終了後、大阪まで出向いて宴会だと・・・???      参加費のお金の心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深夜発・寒さの伊勢神宮 参拝

第62回 神宮式年遷宮と・・・伊勢神宮は、大賑わいだそうだ。 ということで、㈱レイライン企画の「お伊勢参り・早朝参拝」に妻と参加。 1月11日(土) 23:30 静岡駅南口をバスで出発。車中泊・翌12日早朝5時外宮、6時内宮参拝、そのあと朝粥を食べ、おかげ横丁を散索、10時半には伊勢を出かけるという内容。 妻と…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

寸又峡温泉・定番の温泉感謝祭は・・

12月7日、「寸又峡温泉」の51年前の開湯をお祝いして、 地元の人が関係者のおもてなしをする感謝祭が開かれた。(6日には前夜祭) 12月7日は毎年、記念日としてこの行事が開かれている。 17時半に神事から始まるこの感謝祭。 なんといっても、広場のテントのなかの様々な鍋をっ中心とした食べて飲むことを楽しめることが最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸又峡の新緑に酔う

GWも終盤。 10年以上もお付き合いしている「寸又峡温泉」に、はじめて妻を。 エメラルドグリーンに浮かぶ夢の吊り橋と、ほっと優しい温泉に日帰りで・・・。 強い紫外線が、新緑と水の色を際立たせ、素晴らしい風景。 90mの吊り橋を渡り、306段の石段をのぼり、飛竜橋経由の約1時間半の軽いウオーキング。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初冬の山景色・・・プチ一人旅

奥大井、寸又峽温泉が開湯50年を迎え、様々な催し物を展開している。 第一発見者の望月さんは、もうすぐ100歳という高齢だが、あいかわらず矍鑠としている。 12月7日が、温泉が見つかった日で、毎年「温泉感謝祭」が行われている。 今年は、特に5日~7日の3日間。5日と6日は強風に悩まされたというが、 7日の夜は風もなく、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの /^o^\ フッジッサーン

夏も終わる・・・ ここ、2年は、カミさん孝行?と、箱根やら上高地やらの1泊旅行をしていたのだが この夏は、わたしの方にはたっぷりと時間があるのだけれど なぜか、まだどこへも出かけていない。 28日、お昼すぎ・・・どこかに行こうか?と、またまた思いつき発言。 午後だけだから、近場の温泉にでも・・・ と、新東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ!思いつきで車山高原まで

<霧ヶ峰・車山湿原からの風景> <ニッコウキスゲと夏空> 台風9号、10号が南の方で西進中の8月1日。 朝から曇り空そして蒸し暑さ。 夏本番・・・夏山はどこかに・・・と・・「山」のガイドブックを見ていたのですが、 ”マイカーで行く日本ア…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

美女づくりの湯・寸又峡温泉・・開湯50周年に寄せて

大井川の奥座敷・・・寸又峡温泉の開湯から、50年。 6月30日(土)から7月1日(日)にかけて、記念イベントが開催された。 <祝  50(ろうそく)> 昭和32年12月7日、現在の寸又峡温泉街から4キロ上流の湯沢で、温泉が湧出しているのを発見したのは、望月恒一さん、翠紅苑の初代主人・・・95歳でまだまだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Kちゃん・さよなら ソウルツアー③ 

2月6日、月曜日。天気・晴れ 何にも考えずに過ごす、”観光と食う”旅の最終日。 8時過ぎ、ゆっくりとホテルのレストランで朝食を済ませ、9時にホテルを出る。 なぜか、頭が重い。肩がはり、体が圧迫されるようで、めまいもあるようだ・・・やばいかな? 血圧でもあがっているのか??? 最初の行先は・・・「キムチ」の手作りに挑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てんこ盛りソウル②

2月5日、日曜日。ソウル2日目が明ける。 朝の市街地は、休日のためか車も少なく、静かな雰囲気。  気温はマイナス4度くらい。 朝食を市内の飲食店で食べるために8時にホテルを出る。 ソウルに来るたびに立ち寄る 名物”鱈スープ”のお店。店内は相変わらず満席。 ここのメニューは、鱈スープとご飯のセットだけ。ただし、お代わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極寒?ソウル。さよならてんこ盛りツアー顛末記①

2月4日から3日間のソウルへの旅。 羽田からのフライト・・・山梨上空から見る”フジヤマ”。山頂付近に舞う雪煙もはっきりと! <景福宮> 事前の天気予報では、2月1日のソウルの気温は、、、、マイナス17度とか・・・ 未知の寒さの世界への旅に防寒対策をしっかりと・・・と構え・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッションインポッシブルは嘉興の街で・・・

昨夜から、咽が痛く、なんとなく胃が重い。風邪かな?とも思う。 朝食は、やや控えめに、おかゆと牛乳で・・・・。胃腸薬と”ウコン”を飲んで・・・備える。 今日は、嘉興市を視察しつつ、上海への移動日。 8時半にホテルをチェックアウト。 「嘉興市」は杭州市と上海の中間にある都市だ。  つなぎめのショックを背中とお尻に受け、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紹興市で乾杯ぜめ、そして世界3大ショー(?)”宋城千古情”は

11月23日、浙江省の3日目の朝も天気は晴れ。 今日は杭州市に隣接した紹興市へ出かける。 8時15分、ホテルを出て、高速道路を一路南下。 銭塘江にかかる長大な橋を渡り・・・約1時間後・・・紹興市の中心部に到着。 紹興市の担当幹部並びに紹興袍江(パオチャン)経済技術開発区の朱局長らから、紹興市の概要などを聞く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

杭州の人民大会堂の宴?・・

浙江省・杭州市での第2日目の朝・・・・ 朝4時、体内時計が作動し・・・目覚める。 外は、まだ真っ暗・・・・ 寝心地のいい広いベッドを独り占めし・・・・まどろむ・・・ 6時、ようやく明るくなり始めた外の風景を眺めながら・・・・起床。 8階以上の部屋には、飲料水専用の水道口が備えられている。その水で洗顔・ 7時、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まずは、龍宮城で魚貝料理を・・

静岡空港をえいやっと飛び立った「中国東方航空MU2020便」で上海・浦東空港に到着。 専用バスに乗り越えた一行は、約180キロの距離、高速道路をひた走る。 進行方向右側には、あの新幹線の高架が平行に走る。 ときおり、8両編成の”新幹線”が追い抜いていく。 1度のドライブイン休憩を経て、約3時間後の7時半過ぎに杭州市内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の”宴”に・・ややつらさ

21日から25日まで、中国は浙江省を訪問。静岡県と友好提携30周年を来年に控え、その記念行事などについての打ち合わせのため、約30名の経済団体や関係機関・行政代表とともに訪中。 13:50発の上海行きの定期便(東方航空)に乗るため、島田駅からのシャトルバスを利用。 10:15発のこのバス、乗客は私ただひとり・・・・なんだか専用バ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寸又峡温泉・和紙あかり展

第6回を迎えた”寸又峡温泉・和紙あかり展”は、10月15日から行われています。 初日は、6回目にして初めて・・雨にたたられ、オープニングセレモニーは室内で行われ、ちょっと残念でした。 で、11月2日、協賛先のしりあいをお誘いし、現地に・・・。 15:00 静岡を出発・・・夕暮れ迫るなか、362号線を疾走。長島ダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会津磐梯山が泣いている?

11日と12日、福島県にて全国団体が主催する「トップセミナー」への参加。 復興支援の一環としての被災地での開催。全国から約100人が参集。 ***紅葉が進む磐梯山(1819m:山頂から半分が噴火で吹き飛ばされ、双頭の峰に)***  午前9:36分の東海道新幹線ひかりで東京に・・11:08の東北新幹線Ma…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日を夢見て…バンコク

タイ3日目(1月25にち)。 JETRO,BOI,泰日工業大学と、公共機関等への訪問だ。 午前8:30、2泊したホテルに別れを告げバスに乗り込む。 9:00、JETROバンコクセンターの事務所で、タイについてのプレゼンテー所ンを受ける。 JETRO周辺では、あの赤いシャツのデモが盛んに行われたというが、面影はない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元気の国  タイ

バンコク2日目。 朝8時、ホテルを出発。 今日は、チョンブリ地区のアマタナコン工業団地にある静岡県の進出企業2社と、 ウェルグロー工業団地の物流会社を視察予定。 真っ青な空の下、高速道路を順調に飛ばす。 市街地から郊外への道は、比較的すいていて快適だ。 まわりは、ほとんど日本車。トヨタ、ホンダ、ニッサン・・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ほほえみの国・バンコクへ

いま、日系企業の進出が進む「微笑みの国・タイ」へ行ってきました。 成田前泊の2泊4日のスケジュール。タイにおける静岡県の企業や関係機関を訪問する経済ミッションに参加。 <チャオプラヤ川から望むワット・ポー> 23日午前発、のTG641便 .ジャンボ機は、なんと満席。 7時間フライトのあと、現地には午後4時過ぎにスワン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浙江省・杭州市は・・第1夜・

12月16日、羽田国際線ターミナルから上海空港(虹橋)に飛び立ったANAは、満席。 中国への客の多さがわかる。 雪の上海から時速350キロの高速鉄道(中国版新幹線)で約45分、杭州駅に降り立つ。 新幹線や地下鉄の駅は、近代的で新しいが、既存の駅舎は照明も少なく、薄暗い。 市内の道路には、自動車があふれる。しかし、数年前と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国・杭州市へ・・・さむっ!!

中国・浙江省・杭州市を訪れました。 16日羽田空港発、上海空港経由杭州入り・・・19日帰国のタイトな日程。 15日に東京で会議があったため、そのまま羽田付近に前泊。 10:25 羽田発のフライト。上海虹橋空港へ降り立つ。 ここからは、新たに開通した 時速350キロ の新幹線で杭州へ向かう行程。 空港からは地下鉄で・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜は忙しの・・・・忙中閑?

12月にはいって、何やらせわしなくなっています。 6日からの週は・・・様々な場所に顔をだし、珍味・美味&ビューを楽しみました。 6日、月曜日の夜6時。 寸又峡温泉では、48回目の温泉感謝祭前夜祭に。 48年前に温泉の源泉が発見されたことを記念してのイベント。 年代ものの木造の小学校校舎のまえの広場では、恒例の”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加賀へ。ずわいがに解禁・「香箱がに」って? 

11月10日、11日は、北陸、加賀百万石、前田家ゆかりの”金沢”に超特急出張。 ちょうど、11月6日に、ズワイガニの解禁。 これも楽しみ・・・ カニが並ぶ市場。 (うんちく:橋立漁港で水揚げされて「加能がに」と呼ばれて、一杯一万円以上のものは”オス”。メスは小ぶりで、金沢では”香箱がに”と呼ばれて、一杯300円から1000円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more