大正大学地域創生学科のN君とT君が来藤、そして大井川遡行旅

3月11日、大正大学4年のN君とT君が藤枝に来た。

今春の卒業記念に、3年の時に地域実習に来た藤枝を訪れたもの。
N君は藤枝では地元の豆腐屋さんと地域のお菓子屋さんとコラボさせて”おからケーキ”を商品化した。
T君は得意の情報化でIT企業に長期インターンシップをした経緯を持つ。その後、ニュージーランドに短期留学してだいがくは休学。
1年遅れることとなった。

N君は、秋田出身で実家は豆腐屋を経営、実家に帰るかと思いきや、東京のベンチャー企業に就職することとなった。

40日に及ぶ藤枝地域実習の思い出が強く、市役所など関係者にお礼を兼ねてのプチ旅行だった。

その夜は、静岡の「ゴロー」で、ミライヌの代表を交えた「飲み会」で歓迎。
肉を食べたいというのを、「静岡おでん食べ放題」に誘導して、旧交を温めた。
若い人と話すのは実に楽しい。

その夜は、2人は藤枝泊。

翌12日は、思い出作りにと、私の車で山間地へのドライブ。大井川を遡行する「プチ卒業旅行」

朝、8時半過ぎにホテルに迎えに行き、まずはギネスにも登録されている世界一長い木造橋の「蓬莱橋」へ。

それから、大井川鉄道・新金谷駅でSLを見て、大井川右岸を遡上。

川根路にはいり、川根温泉・道の駅で小休止し、千頭まで一直線。大井川アプト鉄道に乗ってもらおうと急いだが、午前中の便には間に合わず、
とりあえず、千頭駅前でちょっとおしゃれな飲食店で昼食。

ダムカレーやら、イタリアンやら   それぞれの楽しみ。

それにしても、コロナの影響か、駅前での観光客は皆無。静けさだけが・・・

その後、接岨峡温泉駅まで車で移動して、12時05分の千頭行きの鉄道に乗車。

ダム湖上駅、長島ダムの景観、日本唯一のアプト式の鉄道を体験・・奥泉駅でキャッチアップして、
一路 国道362号線で静岡へ。

静岡で13時半に別れ、プチ旅行は終了。

さて、楽しい思い出になったか否か・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント