二人目の孫、誕生

4月22日、月曜日。首都圏で暮らす娘夫婦に2人目の子供が生まれた。

22日は、産科医への定期診断の日。
予定日より2日遅れたが・・・

「10日間のゴールデンウィークにかからないようにしてくれるんじゃない」との予測どおり、診察したら出産が間近だということで入院を指示され・・・・その日の午後5時前に無事出産した。

3500グラムあまりの女の子が誕生。

妻が娘の家に行って2週間あまりが過ぎたわけだが、やっと第一段階をクリアし、待っている側も安堵。
その日の夕方は、家にいる娘と小さなケーキでお祝いした。

平成も最後となり、令和という新たな元号を迎えるこの時期にこの世に生を受けた赤ちゃんに両親はどのような命名をするのか興味深いところではある。


この子が二十歳になるまで元気でいることができるかなあと、いや元気でいたいなあと思うときでした。

最初の子は、実家で出産し、その後の回復期もしばらく実家で暮らしていたのですが、2番目の子は、上の子が通う保育園を中断させたくないということで、若い夫婦の暮らす地での出産とこれからの子育て。

ママにとってはかなりのストレスになるのではないかと心配しているところですが、近くに母親の両親がいるのといないのとでは、子育てに大きなハンデがあるなということを実感しています。

若い夫婦の子育てを精一杯応援していきたいなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック