深まる秋・おじの死

10月29日、夜、おじが亡くなった。
享年 86歳。
11月2日、厳かに葬儀が執り行われた。

夕食を食べて、胸が少し苦しいと言いながらも
暖かくなりたいからと、お風呂に入り、
そして、その後心臓に異常をきたして、、、そのまま逝ったという。

母親が最も好きだった妹が嫁いだ相手。

若くして、県会議員に挑戦。
龍山村という小さな小さな基盤で、北は水窪町、佐久間町、天竜市を飛ばして、南は、豊岡、豊田、竜洋、福田そして浅羽町という広大な磐田郡で戦った。

それは、勝ったり、負けたり、毎度薄氷を踏むおもいの戦いだった。
親族も総出で、交代して応援。

自分も選挙カーの運転を手伝った思いもある。そして、議員の生活の大変さも目の当たりにした。

建設会社を経営したものの倒産を経験したり、心筋梗塞で倒れ意識不明のまま数ヶ月、家族もあきらめかけていたところを意識を戻したり。。。。まさに、あきらめない、七転び八起きの人生だったと思う。

苦労を共にし、ずっと支えてくれた最愛の妻を先に亡くし、また続いて50歳そこそこの次男を心臓麻痺で亡くし。
本人の心痛は以下ばかりだったかと思う。

私の就職は、このおじの口利きで決まった。40年間近くひとつの職場で勤務し、最後は事務方のトップに上り詰めたことができたことは、まさにおじの存在が大きかった。

「よお、みっちゃん・・・どうだ?最近は?」そんなやさしい言葉をいつもかけてくれ、
やさしい暖かい表情が今では思い出になった。

  ”戒名・天笑院定徳功績居士”  故 定介さん、ありがとうございました。
  
なにかと力になってくれた親族がひとりそしてまたひとり欠けていく。
深まる秋に寂しさを想う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック