孫のお守りで妻不在の日々

娘夫婦に2人目の子供が誕生。

長女の時は、こちらで出産したが、二人目は、首都圏の自宅で、ということで、長女の保育園の送迎や娘の家事の代理として、妻が出向いていった。

4月7日に妻のマイカー(軽自動車)で、東名高速、首都高を通って娘の家まで出かけ、向こうの足として車を置いて、単身帰宅。それから出産まで妻が娘の家に泊まりこみ、出産に立ち会って、3週間後の4月27日に帰宅。

10日間のゴールデンウィークは、藤枝で過ごしたものの、5月12日、再度出かけ、家事やら孫娘の保育園の送迎やらをやって、1か月健診に立ち会って、22日に帰宅。

約1ヶ月間、妻不在の家を次女と家事分担で何とか過ごした。

夕食も仕事のあと作るので、簡単にし、お酒も控え、おかげで体重は減少。


しかし、もし妻がいなかったら、という生活はこれまで無かったし、その存在の大切さをつくづく感じた期間でした。

かえって来たら、相変わらず喧嘩してますが・・・・

"孫のお守りで妻不在の日々" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント