初冬の箱根。最後の小涌園への家族旅行。

12月9日、冬を迎えつつある箱根へ。。
昭和30年代に建設され、箱根駅伝の風景にも登場する「箱根小涌園」への一泊旅行。

画像


箱根小涌園は、長い歴史に幕を閉じ、1月には取り壊されるという話を聞き、最後の思い出にと2回目の利用。


そして、今回は、娘夫婦&孫娘たちとの旅。娘家族は小田急で箱根湯元駅経由となる。



冬の箱根は道路の凍結が定番で天気予報を気にしていたが、風もなく天気が良い。

9畤半前に家を出て、東名高速、新東名経由で沼津ICを出て、北側斜面にはうっすらと雪が残る標高800メートルの箱根峠を越え、芦ノ湖畔に2時間ほどで到着。
湖面は静かで、青い空、白い雲、そして遠くに富士の頂が見え・・・・絶好の観光日和。


娘たちとの待ち合わせは、宿でということで、それまでどうするか、と考えた末、
まだ体験していない「芦ノ湖・海賊船」遊覧へ。

12時発、箱根港から桃源台までの往復コース、1名1,680円、所要時間110分に乗り込む。

アジアからの観光客が圧倒的に多い。


行きは、船内で、帰りは船外で・・・・、気温は低いがすっきりした大気のなかで気持ちが良い。

港に隣接する飲食店2階の景色の良い席で、ランチを味わう。
妻は、ヒレカツカレー、私はパスタ・プレート。

画像


箱根駅伝往路のゴール地点から、復路のコースへと車を走らせる。国道1号線最高地点までの登り道、そして宮ノ下に向かう下り道・・・・駅伝選手の脚力に改めて驚く。
これを1月3日には死力をつくして選手が走るのか、と。


15時前、宿にチェックイン。
フロントで聞くと、娘家族はチェックインを済ましたとのこと・・・たしか「彫刻の森」へ行くとか言っていたな。

後で孫娘が箱根湯本駅からのバスに酔い、そのまま宿に留まっていたことを知る。

温泉につかり、17時45分からはバイキングディナーへ。シニア料金は1,000円ほど安くなっている。





40種類という料理をあれこれ取り寄せ、1時間半ほどの時間を楽しむ。
カニ、ローストビーフ食べ放題、、、KIDコーナー、チョコレートタワーなどなど・・・
孫は、ラーメンとご飯、バナナに焼きそば・・・

妻は、いろんなものをたくさん皿に盛り込み・・元を取らなければとがんばる。



そして、夜。売店を訪れたり、孫を抱いたりと楽しい時間をすごし・・・



12月10日(日)、風が強い朝を迎えた。

朝風呂を楽しみ、8時、朝食のバイキングへ。
ここでも好きなものを好きなだけ食べ・・・・

9時半まえに、チェックアウト。株主優待券を利用して、6万5千円あまり・・・

宿の前で記念写真をして、彫刻の森へ。

風がつよく、室内であそんで、娘たちを11時45分発のロマンスカーに乗るべく箱根湯本駅に送り・・・・
箱根湯本駅周辺は混雑がすごく、渋滞に中で間に合うか気になったが、」なんとかセーフでした。

その後、強羅まで戻り、銀かつ田村のカツサンドをテークアウトして、帰路へ。


画像














箱根さんぽ (散歩の達人MOOK)
交通新聞社
散歩の達人MOOK編集部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 箱根さんぽ (散歩の達人MOOK) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック