圏央道で東京の中華料理を・・・

***10月26日・日***

約半年振りに、娘夫婦が暮らしている東京へ。
自家用車に、ダンボール3箱ほどの差し入れを持ってご機嫌伺い。

場所は、小平市。

これまでは、東名高速経由、東京ICから環八を経て、甲州街道を戻るというV字型形だったが
「圏央道」が開通したため、これを利用することとした。

マイカーのカーナビはすでに古いために、スマホのカーナビをセット。

3時間半足らずでいけるはずという・・・・これまでは、へたをすると5時間近くかかっていたわけだから
かなり短縮する。

期待感を持って、7時半に出発。

岡部ICから新東名高速に乗り・・・・沼津SA休憩・・・

画像




そして、厚木を過ぎ、海老名ジャンクションで圏央道に乗り入れる。

走行する車がぐっと減り、快適に走る。

初めて立ち寄る”厚木PA”で小休止。B-1グランプリのフードコートがありました。

画像




途中、高尾山の下をくぐり(高尾山入り口まで2時間少々位でこれそうです)

高所とトンネルが続く道を走ること30分、八王子ジャンクションで中央道に入る。

そして、国立府中ICを出る。自宅から3時間足らずだ。
圏央道経由で東京近郊に行くのがずいぶん便利になったのを実感。

小平市までは、渋滞も少しあり、11時に到着。
それでも、3時間半ほどでついてしまった。

小平市にある娘夫婦宅に荷物をどっさりおろし、
昼食は娘夫婦推薦の人気中華料理店

「同心居(とんしんじゅ)。花小金井店」へ。

すでに満席で予約が取れないということで、店頭で待つこと40分。

画像



安くて、きれいで、美味しい・・・。家族連れで超満員のお店。
油こくなくて、野菜が美味しいです。

ランチコースは、2400円。前菜から、海鮮、春巻き・・・などなど、炒飯も茸とえびなど具材が豊富。
そして、杏仁豆腐も絶品です。

一品料理に、小ロンポウや黒酢料理、空シンサイ炒めも追加して・・・5人で15000円弱は安い・

<前菜>
画像



画像



画像




画像


<たっぷりの炒飯>
画像



<杏仁豆腐>
画像





おいしいものをいっぱいいただき、
何よりも娘たちが無事、健康で元気に仲良く暮らしているのを目の当たりにして
安心した。

帰りは、前日から来ていた次女を乗せて、圏央道経由で約3時間20分。

埼玉や茨城などへはずいぶん便利になるのでは。

画像






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック