博多祇園山笠の勢い水は・・

7月15日早朝、博多祇園山笠のフィナーレを飾る”追い山”

櫛田神社をスタートした7つの流が、1トンを越す山車を800人以上の人間が担いでタイムトライアル。

静岡茶の始祖である聖一国師が博多・承天寺を起こし、始めたもの。

6年ほどまえから、静岡市栃沢の聖一国師の生家(41代が生活している)の前を流れる沢水を博多に運び勢い水として使っている。

7月8日は、その”お水汲みの儀”

ということで、今年は初めて博多・承天寺の僧侶がなんと12人も行事に参加。

7月7日はその歓迎会が”浮月”で行われた。

画像




静岡市議会議員有志、静岡商工会議所会頭・服会頭、静岡市役所・・・・らが集まり
厳かに、そして和やかに行われた。


画像




画像



静岡発の”聖一国師”を知ったのが6年前。
静岡には、こんなすごい歴史があるのに・・//

もっと生かす工夫をしないのか、と思う。

司馬遼太郎の「箱根の坂」などにも聖一国師は静岡の茶を足久保に根付かせたと記載されているのに・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック