2014年夏・寸又峡山開き!

7月5日(土)

例年通り、南アルプス寸又峡口・山開きの日

画像




当日は、あいにくの雨模様。

今年は、南アルプスユネスコエコパーク登録記念ということもあって、隣接する静岡市など
関係者らが多数集まって開催された。
南アルプスユネスコエコパーク登録というわけで静大の増田特任教授の講義もある。

画像




寸又峡温泉との付き合いももう10年以上となり、毎年、顔を出している。

特に、神事の後のイベント・・・・登山であったり、散策ハイクであったり・・・が自分にとっての夏への玄関として
参加してきた。

今回は、職場の山好きの若い男性と静岡さまざま初体験の某新聞記者を誘い・・・・参加。


9時からの神事ということもあって、朝6時半に家を出る。空は雨模様。
静岡で一人をキャッチして・・・国道362号線を北に走ると・・・空からは大粒の雨が・・・山の中は霧が・・・

しかし、私は「晴れ男!」何とかしてやるぞ。

9時少し前、会場に到着。やはり、雨。

神妙に神事が続き、エコパークの講義の最中も・・・・外は雨音。
時折、遠くで鹿の鳴き声。

画像






12時からの4時間ハイクはさてどうなることか???

11時半ころから、心なしか、雨が小降りに・・・
そして、11時40分。。。。散策決行!

大急ぎで、おにぎりを口にし、雨具で装備して・・・12時10分、出発。総勢18名。
千頭ダム目指して・・・4時間半のトレッキングに。

途中、雨はあがり、レインスーツから開放される。

小雨の中、周囲一面緑の中を、一般では入ることのできない寸又川右岸の旧軌道敷を歩く。

夢のつり橋を超え・・・心臓破りの坂をあがり(かなりしんどかった)・・・・急斜面に切り開かれた幅3メートルほどの道路をひたすら歩く。

画像


画像


山蛭を発見し、大騒ぎしながら・・・・歩き続ける。周囲は、急ながけと谷、そして沢。緑色に包まれる。

2時半、約5キロ地点の折り返し地点到着。
そして・・・同じ道を引き返す。

画像



標高差200メートルほどか・・・しかし、久しぶりの歩きに、足と息が悲鳴を上げる。

体重落とさなければ、今年の山は無理かな?と思いつつ・・・

温泉に入り、ちょっとおいしいものを食べて・・・・・・18時半、寸又峡を後にした。

画像


仲間が蛭にやられた・・・これも経験。

帰りは、また雨。乳白色の霧の中、途中、日本カモシカの子供に出くわしたりして・・・一日が終わった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック