ゆったり・・初秋の上高地は・・・

すっきり晴れわたった”上高地”の定番風景。

画像



  8日の日程をどうするか?

前日の駒ケ岳登山で右ひざを痛めた相方をみて
「上高地を歩くのはきついかな?」とは思ったけれど、

やっぱり、”上高地”の魅力には負けて・・・・
さわやかな空気の中、愛車銀次郎は、一路 上高地へ出発。中央道を松本ICで降り、158号線を走る。
県外ナンバーやら観光バスが目立つ。

途中、乗鞍高原の分岐点をまがり、高山方面へ。沢渡の駐車場に11時過ぎに到着。平日にもかかわらず、車は一杯。
たまたま居合わせた、イケメン2人組の登山客とタクシー相乗り(一台4000円。4人で利用すればシャトルバスと変わりません。)で、上高地へ。

今日から、2泊3日で北穂高~唐沢岳~キレット~槍ヶ岳を縦走するという。
その若さに、うらやましさを覚える。

そして、11:30前、上高地に到着。


前日に引き続き、空は快晴。風もなく、澄んだ空気の中に、目の前に雄大な穂高連峰が・・・・
右側手前には、明神岳(2931m)が空に突き刺さるような鋭角な頂上を・・・
その向こうには前穂高岳(3090m)、左側に続くくぼんだ稜線は、吊尾根、その横に奥穂高のトップがわずかに見える。

画像






画像






「ここが、コマーシャルでもよく出てくる風景なんだ」と、妻が感心している。

陽射しは強いが、湿度が少ないためか・・・さわやかな高原の空気が・・・

振り返れば、焼岳の姿がくっきり浮かぶ


画像





夏が終わり、秋の紅葉期まではまだ、というシーズンオフにもかかわらず、たくさんの観光客が・・・姿を見せている。
もちろん、今はやりの”山ガール”もカラフルなファッションで・・・歩く。

これから梓川をさかのぼって、北アルプスに挑む人たち、反対に北アルプスから帰ってくるメンバー、最新の登山用具に身を固めている中高年。オールドファッションの登山客あり・・・ここは登山のメッカだということを改めて感じる。


一般の観光ツアーのメンバーなども入り混じり・・・野生のカモが平気でえさを求めて客にすり寄る。

画像




標高1500メートルの上高地、昨日朝の気温は5度とか・・・


上高地ビジターセンターの近くを流れる清水川。まさに名前のごとくの清流だ。
画像














上高地ビジターセンターで、かわいいガイドブック(100円)を買い、明神池か、大正池まで歩こうとしたけれど
時間的にあまり余裕がない。

今回は、河童橋の周りを散策することに決めて、梓川にそって散策する・

5千尺ホテルが経営する、河童食堂で昼食を・・・窓からは、河童橋と散策するヒトの姿が・・・

画像




14:30 帰路に・・・ お土産をいっぱい買って嬉しそうな相方・・・・雄大で綺麗な風景に満足。
「今度は、どこの国立公園にしようかな・・」だって・・・

 
 帰り道、信州名物”おやき”を、さかた菓子舗でゲット

画像


帰りは、中央道を甲府経由で・・・
   2日間の走行距離、630キロ。静岡県の周りをぐるりとひとまわりの旅日記



上高地・乗鞍 (地球の風?登山ハイク)
ゼンリン
小林 俊樹

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 上高地・乗鞍 (地球の風?登山ハイク) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック