鮎の骨酒、知ってます?

画像

”岩魚の骨酒”は、よくあるけれど
鮎の骨酒って飲んだこと、ありますか?

静岡は、天然アユなど自然のものを食べさせてくれる居酒屋さん。

      ≪安倍藁≫

静岡伊勢丹に近い、裏通りにありますが・・・
このお店のメニューがなかなかです、

安倍藁科川の天然鮎を名物にしていますが・・・そのほか、地モノの野采、蜂の子、イナゴなどなど
山のもの、天然ヤマメ、岩魚や鮎や川のものを食べさせてくれます。(まむし酒やオオスズメバチの酒もあります)

お勧めは、飲み放題のコースメニュー。

野菜サラダからはじまり、焼きさんまのカルパッチョ、黒はんぺんと蛸のフライ
天然鮎の塩焼き、唐揚げ・・・・15センチくらいの小ぶりの鮎ですが、頭からむしゃむしゃ食べられます。
これもウマい!

そして、なんとピザまで出てきます(なんて節操のない店だ、なんて思わないこと)

最後に出てくる、サンラータン風の火鍋も面白い。この暑いのに、テーブルにコンロが運ばれ・・・
たっぷりの野采・・・青物の葉っぱはもちろん、なんと、きゅうり、トマト、冬瓜などが入っています。
これと豚のバラ肉。酸味、酢の味でさっぱりしています。

最後は、なべの雑炊で締めます。

飲み物は、とりあえずのビールからワイン、日本酒(花の舞)、各種焼酎と・・・
  そして”鮎の骨酒”(写真:魚の形の器・・中にはまるまる一匹の鮎が)

鮎を塩焼きにして、熱めの日本酒にひたして、旨みを充分に出し・・・

まろやかな味が・・・楽しめます。

で、中の日本酒はお代わり自由。

このお酒、かなり飲んでも翌日に響きません。

2時間半あまり、食べて飲んで・・・8人で40000円也。
珍しいものをたらふく食べて、思い切り飲んで・・・満足でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

龍爪色
2011年09月03日 14:27
こんにちは。
 今はもう引退された、焼津市鰯島の森省さんに、阿波しじらで「鰹縞のシャツ」を縫っていただいたことがあります。そのシャツは今も大切に着ています。
 最近は、「魚河岸シャツ」の方が知名度が高いようですね。本当に夏ぴったりのシャツ、という感じです。
 事後報告ですみませんが、9月2日のブログ記事にリンクをさせていただきました。
 よろしくお願いします。

 お酒はからきしダメですが、「安倍藁」さんの鮎は食べに行きたいです。
 台風様、おてやわらかに。

この記事へのトラックバック