ランチ・あかつき屋のラーメン

本日のランチは・・・・・・・・


静岡伊勢丹の裏、両替町通りの


ラーメン「あかつき屋」

ここは、いつも行列が並んでいます。

画像


以前から、興味がありましたが、並んでまでは・・・と思いつつ、
いままで来たのですが、今日店の前を通りかかりますと
行列はなく・・・ドアを開けてみますと、「座れます」と。


入り口の販売機で食券を買いカウンターに。

メニューは、味が「あっさり」と「こってり」の2系統。

シンプルなラーメンが680円。超半熟の味玉ついて730円。
つけ麺ラインは780円。”あつもり”が780円。

あと、ねぎラーメン、チャーシューメン、あかつきラーメンなど
替え玉は100円。

小ライスと餃子3個がついたセットが830円。


で、こってりの味玉ラーメンを注文。
画像


豚骨醤油のスープにやや濃いめの味付けがされています。ゴマとのり、チャーシューは2枚。あとシナチク。


麺は、博多長浜ラーメン風の ”ストレート細麺”。やや硬め。(これはオーダーで”やわらかも可)

画像



あっさり系は、”焼津 才蔵”の味を手本としているとか・・・・が壁に描かれていました。

味については、やや塩味がきついかなという感じ。玉子は、半熟度合いはまあまあ。
評価は、60点くらいでしょうか。



店内は、オープンキッチンで、カウンターに5席、テーブル席が3脚とこじんまりしています。
昼は11:30~14:15・
夜は18:15から。ただし、スープがなくなり次第終了とのこと。

画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

福世です
2010年01月10日 12:30
ご無沙汰しております。
昨日の朝日新聞をご覧になりましたか?
うたの旅人というコーナーで
白井鐵造、宝塚歌劇団、旧春野町について
取り上げられておりました。
大変面白い記事でしたので、コメントさせていただきました。
記事と異なる内容ですみません。
2010年01月11日 09:21
春野町出身の白井氏は宝塚歌劇団ゆかりの人として、春野のキーワード「すみれの花咲く頃」の作曲で有名です。白井記念館もあり、宝塚歌劇団のメンバーも訪れています。
白井氏の本家である「大畑家」は、まだ春野町熊切にあります。春野はこうした地域資源、たとえば自然だけでなく、日本で最初に製紙工場ができたという近代産業史、フェアレディZの生みの親の生誕地でもあるという人物伝もあるのに・・・いかしきれていないなと残念に思います

この記事へのトラックバック