長崎・和華蘭(わからん)って?

えっ、と、トルコライスを堪能した「ビストロボルドー」を後にして、
最近できたであろうラーメン屋を曲がり、
ベルナード観光通りに出て、(ここにもなんとなく歴史を感じさせる押し寿司屋があったりで楽しいですね)

中通り商店街、この中通りの狭さがいいですね、

画像




人と人の距離感、親しくよそよそしくなく、・・・・

これは、思案橋からの鍛冶屋通り商店街にもいえますが、「狭さ」の良さって、もっと再認識していいのかなって思います。なにやら、雑多な雰囲気・とエネルギーが感じさせられます。

長崎のお店って・・結構個性的で、挑戦的かなって思いました。

それと、歴史を感じさせられるお店がたくさんあります。

<岩永梅寿軒>お菓子やさんです。

画像


ニューヨーク堂とか・・・浜勝とか・・・・

江崎べっ甲店なんてのも、店構え見るだけでも・・・
画像

(正面玄関に大型観光バスが横付けされていたんで、写真が取れませんでした)


眼鏡橋でちりんちりんアイスの屋台をみて

画像





画像


では、次は、長崎歴史文化博物館へ・・・と歩き出し、電停公会堂前を過ぎて時間は3時を回りました。
市役所のほうに坂を上り、、、、、「いや、いや、やはり出島は見たいよな・・・博物館は最近できたみたいだから・・・」と自分に言い聞かせ・・・きびすを返して、公会堂前から電車にのって西浜町で降り、出島に・・



画像


歴史的にも「出島」は日本の近代史の出発点だと思い込んでいます。

幕末から明治維新・・・いや、日本が鎖国に入ったときからの海外との窓口
横文字が入ってくるのは、やはり長崎。

いろいろな意味で・・・歴史の動きの重要な地点。

さまざまな場面を創造して、今はなき「出島」の和蘭商館跡ミュージアムへ。
入場料500円を払い、ミニ出島やカピタン部屋などを見ました。

こんなところに「出島」があったんだ・・・


画像


画像



画像



画像



画像


これって、知ってます・?
出島に中にある「バトミントン発祥の地」の石碑。オグシオもここから・・・????

画像



出島でもなぜか「竜馬グッズ」が・・・
確かに某大手テレビ局は宣伝効果満点なんですが、別にここでなくてもって・・・
せめて。出島ミュージアムにはそれなりのお土産があっていいかも・・・

で、当時のオランダ船の絵の復刻版を買いました(840円)

さてさて、夕闇が迫ってきます。

文明堂総本店で、本場カステラ・・・0.75号1本、1号1本、海援隊 1つ、などを買い、宅配手配して
さあ、長崎の洋風エキゾチックの原点、オランダ坂、グラバー園、方面に「さるく!」

画像



画像



画像


こんな石碑もありました。

長崎って、「歩く」楽しみがある街です。

大体、2から3キロの範囲に凝縮してます。

「和華蘭」が見事に、さまざまな場面に登場します。

風景、グルメ、文化・・・・日本のまぜまぜ文化の発祥地なのですかね>>>>

この後は、夕闇の大浦天主堂、グラバー園、そして中華街へ


つづく・・・






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック