ソウル④・ワイルドなサウナ

チャンドックン(昌徳宮)の見学は、予定通りの時間に寸分違いもなく終わり16:00
例のガイドの「それでは・・・・」の声で解散。


<K氏を訪問>

ついで訪れたのは、ソウル中心街・明洞(みょんどん)の韓国観光公社ビルにある
知人のオフィス。

約1年前、韓国での拠点事務所開設のために単身で赴任し、精力的に活動しているK所長と
「やあ・やあ・やあ・・・・」
「ども・ども・ども」のご挨拶。

若くて可愛い女性秘書が一人、流暢な日本語で・・・笑顔で、迎えてくれた。
おまけに、緑茶とともに・・・


                 ・・・・・・・・・・

<遠赤外線たっぷり、ワイルドな韓国式サウナ?>

時は、5時。韓国の会社は9:00から18:00までが就業時間のようですが・・
夕暮れは、静岡より確実に1時間は遅く・・

「さあ、それじゃ・・・。うわさの居酒屋へ・・・」

と、

K氏:「ちょっと待って・・・飲む前に・・・いや、もっとおいしく飲むために案内するところが・・」

「????」

「汗を流しに風呂行こう、風呂」
「えっ、お風呂?」
「そう、すっきりするし・・・行こう行こう!
日本人はほとんどこないし、俺の秘密の場所」

一同 怪訝な顔で・・・「?」

とにかく、車に乗せられ、2階建ての建物のまえに・・到着。

入り口をはいると、まさしく、受付カウンターがあって、
ロッカー式の靴箱があって・・・
8000ウォン(約800円)を払い・・・

黄色のタオル地で出来た上下の衣類をもらって、K氏のあとに続く。

階段を降りると、そこは脱衣場とお風呂・・・・そう日本の銭湯そのまま・・・

ここで、素っ裸になり、黄色の衣料に着替える。

そして、また1階下に下りると・・・・
なにやら、広いホールみたいなものがあり、小さな売店もあり、寝転んでいる人がいるし、
リラックスして軽食を食べ、飲み物を飲んでいる人もいる。(休憩室か)

さらに進み、ビニールのサンダルを突っかけてドアを開け、鉄製の、階段を降りると・・・
そこは屋外。
簡単な屋根が掛けられているが・・

画像






なんと、薪が、裸火が、ぼうぼうと真っ赤な色で燃えている・・・
炭焼き小屋のような・・・

土作りの大きな釜のようなものが・・・・見える。(こりゃ、日本では、消防法上許されないだろうな)

その前で黄色の衣料を着たおばさんたちが
ある人は立ち、またすわり、たたずんでいる。(なにか、難民風景)

洞窟の入り口を彷彿させられるような入り口には厚手の布が垂れさがり。

どうも、あの中が部屋になっていて
いわゆる「汗」をかくところなのだろう・・・

たきぎが燃える薄紫のけむりがうっすらとあたりを覆っている。

入り口の外にはサンダルが何足か・・ころがっており・・・

恐る恐る、入り口の布を上げ、中に入ってみる。
なかは、まるで雪の「かまくら」のよう。というか洞窟というか・・
黄土色の土で無造作に作られ、土の壁そのまま・・
下にすのこ上の板がしいてある。

70度ほどあろうか・・・
土で出来た「かまくら」洞窟は全体が熱せられ・・

サウナの熱さ・・・頭は熱いが、足元はそれほどでも・・・
にはない、体全体がゆったりと均一な熱さに包まれ・・・
足元も当然熱く・・・

日本で流行の岩盤浴のもっと原始的でワイルドなもの

そのなかに座り込む。
男女の別はない。メンバーの女性も一緒に・・・・

当然、日本人の姿はない。
みんな、韓国人。

壁は、結構熱い。
とにかく、壁やら床やら、すべて土・・・なんていうか、
本当に素焼きの感じの触感が心地よい。

腰や背中を壁に押し付けると
熱いけれど・・・・気持ちがよい・・・

「ああ、熱いけど・・・気持ちがいい・・・」
汗が、ゆっくりと浮かんでくる・・・
額から、あせがぽたぽたと落ちてくる。

*写真がなくて残念です。

外に出て「ふーっ」と息を吐く。
気持ちがいい・・・。

3っつのかまくら・・それぞれ温度が違うようだ。

興味津々で一番熱いかまに挑戦

「よしたほうがいいよ。絶対、足、やけどするよ」という忠告を無視して
入り口をくぐる・・・

ムッツ・・・いっせいに熱気が襲い掛かってきた。
室内は、うすい煙が充満したような・・・

先客の2人、それぞれ顔も隠れるようにおおきな布をはおり、
座布団まで敷いている。

「アチチ、アッ、チチチ・・・」
そうなんです。床の木は素足では立ってはいられないほど・・・
熱さの程度が違います・・・

たまらず飛び出したものの、足がジンジン・ひりひり・・・。


そうなんですね、韓国のひとはここに入ったり休んだり、上のホールで寝転んだりしているんですね。

そういった意味では、日本各地の日帰り温泉施設のようでもあります、

そのあとは、大きな湯船、日本の銭湯とまったく同じお風呂につかって・・・

でも、韓国の人って、あかすりが好きというか
みんな、全力でごしごし、体を洗うんですね。
それ専用の、自由に使えるタオルも備えてありました。

画像
汗を搾り出し・・・ちょっと、スッキリした表情で・・・¥・いざ、いざ・居酒屋に・・・・


<続く>










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック