テニス大好き。でも、痛ーっ!

またまた、怪我です。
右ひざじん帯損傷。

画像

時は、3月10日。場所はテニスコート。

隣のコートで、お父さんお母さん、小学校か中学校の娘、息子が本格的なテニスをやっていました。

お父さんもお母さんもテニス経験者でしょう・・・球出しをして、子供の練習をしています。
その子供の打つストローク、しなやかに腕がしなって・・・・うーん、いい球が・・・

バックなんて、両手打ちで肩口の高い打点でハードヒット。
非力でも、タイミングと力の配分で力のある速い球が打ててます。

で、こちらも納得して、しなやかにハードヒット。
そうなんですよね、いくら気負っても肩に力が入っていたら、いい球は打てないんですよね。

体全体、特に腰を中心にして体が鞭のようにしなって・・・・これはもう理想の打ち方。

というわけで、横のコートを横目に、真似をして打ってたら、結構いい球が打てて・・・

「今日は調子いいな」なんて、目一杯気持ちよく打って
相手がしばしば振り遅れるようなナイスボールが打ててたんですね。

このところ、フォアがきれいに打てなくて悩んでいたんですが・・・
それが、隣のコートの打ち方をまねていたら・・・綺麗に打てるんですね。

すっかり、調子づいて、左足の踏み込みも全体重をかけるように踏み込んで・・・
久しぶりにいい調子でラリーを続けていて・・・・「そうなんだよな。この感じ」っていう満足感のなか、・・・・・1時間も打ち合っていたのかな・・・

少し遠くに来た球をフォアで打ち返そうと思い、右足を思い切り開いて、腰だめで打った瞬間、左膝に微妙に体重が横からかかったような感じで振りぬいた瞬間、「ぴっ」というような違和感が、。

もともと左ひざに爆弾をかかえていたので、「また、痛めたかな」と思いつつ
綺麗に打てるほうが気持ちがよくて・・・そのまま・・・打ち続けて・・・

そうしたら、思い切りフォアで打った瞬間、「びしっ」という音とともに
ガットが1年半ぶりに見事に切れ・・・・タイムアップ。

「えーっ・・・」



翌日は、起き上がれないくらい、左足がパンパン、そして痛み。(ガットでなくて膝です)

11日はうなっていて、12日、13日は九州の博多、熊本を動き回り・・・。
痛みが去らないので、15日に医者に言ったら「左ひざじん帯損傷」ですって。

「先生、3月2日、スンプマラソンに出れますか・・・?」
「・・・・・何・・馬鹿なこと言ってんじゃありません。最低5週間くらいかな」
「えーっ」・・・絶句。

ということで、左ひざにじん帯損傷保護のサポーターしての
ちょっと不自由な毎日です、。

でも、すぐにテニスコートに行くだろうなと思ってる懲りないヒト。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たかさん
2008年02月29日 10:25
わたしも新星☆錦織圭の登場で久しぶりにモチベーションあがってきました!早く直してガンガンやりましょう!

この記事へのトラックバック