ためいきおじさん風鈴日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 松島や、ああ松島や、松島や・・・

<<   作成日時 : 2017/04/28 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月15日、日曜日。
宿の窓から光が・・・・

朝風呂いちばんは、昨夜は入れなかった露天風呂&大理石風呂の「千年の湯」へ。
すぐそばの川音が響く浴槽を独り占めでお湯につかる。
肌寒い外気と、あたたかなお湯に体を浸せば気分は極楽。


温まった体で、ホテルからプチ散歩。

竹下夢二の記念碑やら与謝野晶子の句が刻まれた石碑などを見る。
ホテル前の川にかかった石橋には「新滝旅館」の文字が・・・
建物は新しいが、宿の歴史が感じられる。

温泉街は閑散として人の姿は見受けられない。

そして、朝食は、妻が楽しみにしているバイキング。
会津の素朴な郷土料理が並んでいる。


9時まえにチェックアウト。
1泊2食で一人12,800円。夕食のお酒を入れても二人で28,700円とリーズナブルだ。

画像



車で会津市内に向かう。

野口英世青春館に立ち寄り、七日町のふるい街並みを車窓から眺め、磐梯山を横目に一路郡山へ。

画像


<磐梯山はかすんでいました>
画像



郡山発11時52分の東北新幹線やまびこ207で仙台に。
仙台駅に12時26分到着し、12時52分発の仙石線に乗り換え、松島海岸へ向かう。
仙石線は混雑している。仙台に到着する列車からは多数のひとが吐き出されてくる。
また、発車する電車も満員だ。(楽天イーグルの本拠地が途中にあり、ちょうど試合があるせいか)

塩釜まで来ると海岸線沿いに走る。
ここにも津波がと思うと感慨深い。

松島海岸には13時半に到着。意外とこじんまりした駅舎だ。
さすがに日本3大景観。観光客の数が多い。
画像


さあ、遊覧船に乗らなければ・・・・重い荷物を肩に船着き場まで小走りに・・・
14時発の船に乗り遅れると次は1時間後だ。

遅れ気味の相方を励ましながら、船着き場到着は14時ぎりぎり。

画像



なんとか乗船できた。
船内はすでに満席に近い。600円の追加料金を払って2階のグリーン席に。

空には黒い雲がわき、雨模様。


「カモメに餌をやらないように」「かもめに携帯電話を取られないように」などの案内文が目立つ。


出航・・・波穏やかな松島湾を50分かけて周遊する。

画像



画像



地元のクラフトビール「松島ビール」(700円なり)を楽しむ。

画像



3時下船。船着き場のそばの五大堂へ足を延ばす。下が透けて見える橋を渡り「瑞岸寺」の分院でもある。
船着き場の周りは、飲食店やお土産屋が並んでいる。

画像


次いで、伊達政宗の菩提寺「瑞巌寺」そして隣接する「円通院」へ。それぞれ朱印をいただき、参道の土産物屋で笹かまぼこを買い、16時40分ホテルからの迎えの車を待つ。
<瑞巌寺>
画像


***庭の臥龍梅と歴史ある庫裡***

画像



画像


<円通院>
画像




宿は、松島温泉 元湯 「ホテル海風土」。ウブドと読む。
インドネシアのバリ島をイメージしたちょっと変わったホテルだ。

松島海岸のホテルはどこも値段が高い。いずれも3万円前後だ。ここも1泊24,300円。

画像


ウエルカムドリンクのビールでのどを湿らせたあとに
案内された部屋は、2階でベッド仕様。東南アジア、バリ島を意識したつくりだ。
部屋のお風呂は温泉でバスタブが洋風だ。和風+アジアンテイストとか・・・

画像



宿のホテルは2箇所。屋上展望風呂は男女入れ替え制で朝が男性だ。

夕食の予定時間は7時。
まだ陽があるので、近くを散歩することに。
250メートルの長さの福浦橋を渡り、夕暮れの松島の展望を楽しむ。

画像


画像


画像



宿に戻り、1階の浴場に
。小さめの浴室には子供2人をつれたお父さんが。私も含めて4名だ。客室も20数部屋でコンパクトな宿だ。
(後で気が付いたんだが、各部屋には展望温泉風呂があり、わざわざこの浴室に来ないかもしれない)
泉質は、アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉)。


カラフルな浴衣姿で
夕食は、レストランでいただく。”一期一会”の突き出しで始まる食事はまあそこそこ。
日本酒の3種飲み比べを楽しむ。
画像


画像



画像


「宮城の3種の利き酒」
画像



夕食後は、屋上の展望風呂へ。
真っ暗な松島湾を眺めながら・・・・・朝なら展望があるんだろうに(朝は女性専用)とも思う。



そして、翌16日。窓から差し込む朝日に目を覚ます。快晴だ。

部屋のバスタブにお湯を張り・・・気持ちよく朝風呂。
そして、朝食を。

画像


少しのお土産を買い9時にチェックアウト。お値段は2人で52,400円也。

画像



松島海岸駅を9時22分の列車に乗り込み、仙台駅でお土産の牛タンやら駅弁を買い、10時30分の新幹線、はやぶさ12号で上野着11時58分。池袋から和光の娘夫婦の家に立ち寄り孫娘の笑顔を見て、16時26分のこだまで帰宅した。

ジパング倶楽部利用でJRは51,450円でした。














マニマニ 仙台 松島 三陸海岸
JTBパブリッシング
JTBパブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マニマニ 仙台 松島 三陸海岸 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
松島や、ああ松島や、松島や・・・ ためいきおじさん風鈴日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる